お気に入りの賃貸マンション

お気に入りの賃貸マンション

賃貸借契約における賃借権の譲渡と転貸について

賃貸借契約は、賃貸人は賃借人に物を使用・収益させる債務を負担し、賃借人は賃貸人に賃料を支払う債務を負担します。民法上の契約であり、双務・有償・諾成という性質を持っています。この契約の一番の特質は、賃貸人と賃借人の信頼関係に基づいて成り立っているということです。このような特質が、賃貸借の様々な場面に影響してきます。その中でも、賃借権の譲渡と転貸というものについて具体的に解説していきます。

賃借権の譲渡とは、賃借人が賃借人の地位を第三者に譲渡することをいいます。転貸とは、第三者に賃貸物件の又貸しをすることをいいます。賃借人がこれらを行うためには、賃貸人の承諾が必要となります。この賃貸人の承諾を得ることができなかった場合、原則として、賃貸人は賃借人との間の賃貸借契約を解除することができます。このように承諾が必要となったり、承諾がない場合に解除ができるという理由としては、前述の通り賃貸借契約は信頼関係に基づくということが挙げられます。なお、賃貸借契約でも、借地や借家の場合には、借地借家法という特別法により修正され、裁判所に賃貸人の承諾に代わる許可を求めることができます。以上より、自己の賃借権を譲渡したり、転貸をするときは、原則として賃貸人の承諾を得る必要がありますので、この点に注意しましょう。

お勧めのサイトをご紹介