お気に入りの賃貸マンション

お気に入りの賃貸マンション

賃貸住宅に必要なセキュリティ性能

賃貸住宅に必要なセキュリティ性能について、具体的な防犯対策や鍵の仕様などを交えながら説明いたします。最近の賃貸住宅には防犯性を考慮したセキュリティシステムを強化した住宅が増えており、都心や市街地などでは最新のシステムを導入した物件の入居率も高くなる傾向にあります。具体的にはマンションなどの集合住宅の敷地境界やエントランス、エレベーターなどに防犯カメラを設置し、管理室やセキュリティ会社の監視センターなどで24時間監視するサービスを利用している物件が増えており、女性の一人暮らしなどにおいてそういった物件を優先して勧める両親の意向も多いという傾向があります。

玄関扉に関しては非接触型のカードキーや鍵の中にICチップが仕込まれている仕様の鍵もあり、もはや防犯性の高いディンプルキーは標準的なものになっています。またカラーモニター付きのインターホン設備も録画できるタイプの製品が標準装備されていたり、バルコニー周りのサッシには防犯フィルムを貼ったガラスを採用している賃貸住宅も非常に人気となっています。また賃貸物件自体にホームセキュリティサービスを契約している場合もあり、何かトラブルがあった場合には契約しているセキュリティ会社のスタッフが即座に駆けつけるという体制を取っています。これからの賃貸物件にはセキュリティ設備が充実していないと入居者が集まりにくくなることが予想されます。